茨城県南水道企業団
トップページ 企業団のご案内 水道とくらし 困ったときは お知らせ情報 お問い合わせ
トップページ企業団のご案内 > 企業団のあゆみ

 企業団のあゆみ


  1.事業の目的及び沿革
  2.創設及び拡張事業
  3.年 表


 1.事業の目的及び沿革 このページの上へ

 茨城県南水道企業団は、加入する構成団体の飲料水並びに防火及び産業上必要な浄水を円滑に供給するため、上水道を設置し、給水及び維持管理に関する事務を共同して処理するために設置された一部事務組合です。地方公営企業の経営に関する事務を共同処理する一部事務組合のことを企業団といいます。現在は、龍ケ崎市、牛久市、取手市、利根町の3市1町で構成されています。


<創  設>

 茨城県南水道企業団(旧名称『茨城県南水道組合』)は、龍ケ崎市、取手町(昭和45年市制施行)、牛久町(昭和61年市制施行)、藤代町(平成17年取手市に併合)、江戸崎町(平成17年新利根町・桜川村・東町と合併して稲敷市)、美浦村の1市4町1村の水道事業に関する事務を共同処理するため、昭和37年に設立し、水道事業経営の認可を受けました。
 翌年、工事着手し、計画給水人口72,700人・計画一日最大給水量18,175㎥の計画のもと、水源を霞ヶ浦に求め、茨城県より浄水の供給を受けることとなりました。
 昭和39年9月に若柴配水場水系を完成させ、10月に龍ケ崎市、翌年9月に藤代町、12月に取手町・牛久町にそれぞれ給水が開始されました。昭和42年より地方公営企業法の全面適用となり、名称を『茨城県南水道企業団』に改め、独立採算を基本とする企業会計の財務方式を採用することになりました。

創 設 事 業 (事業認可:S37.3.22)
構 成 団 体 龍ケ崎市・取手町(昭和45年市制施行)・牛久町(昭和61年市制施行)・藤代町(平成17年取手市に編入)・江戸崎町(平成17年新利根町・桜川村・東町と合併して稲敷市となる)・美浦村
計 画 給 水 人 口  72,700人
計画一日最大給水量  18,175m3
水      源  表流水(霞ヶ浦)

<~第一次拡張事業~第一次拡張事業変更>
 その後、茨城県南地方の水需要が伸びたことで事業内容を見直し、昭和46年、第一次拡張事業の認可を受けますが、江戸崎町、美浦村が構成団体より除かれたため、昭和48年に給水区域、給水人口及び給水量を変更し、給水区域を取手市の一部(小堀地区)を除く全域と龍ケ崎市、牛久町、藤代町のそれぞれ全域とし、計画給水人口113,900人・計画一日最大給水量35,675㎥としました。
第 一 次 拡 張 事 業 (事業認可:S46.6.5)
構 成 団 体 龍ケ崎市・取手市・牛久町(昭和61年市制施行)・藤代町(平成17年取手市に編入)・江戸崎町(平成17年新利根町・桜川村・東町と合併して稲敷市となる)・美浦村
計 画 給 水 人 口  128,400人
計画一日最大給水量  39,300m3
水      源  表流水(霞ヶ浦)、地下水

第 一 次 拡 張 事 業 変 更 (届出:S48.2.28) 
構 成 団 体  龍ケ崎市・取手市・牛久町(昭和61年市制施行)・藤代町(平成17年取手市に編入)
計 画 給 水 人 口  113,900人
計画一日最大給水量  35,675m3
水      源  表流水(霞ヶ浦)、地下水

<~第二次拡張事業~第二次拡張事業変更>
 昭和50年度以降からは宅地開発が進み、給水量は日毎に増し、霞ヶ浦を水源とする受水量のみでは供給不足となり、地下水による自己水源の確保量も受水量を大きく上まわる状況となったため、昭和54年「県南広域水道用水供給事業の実施に関する協定」を茨城県企業局と締結し、利根川給水系統から浄水の供給を受けることとなりました。昭和57年4月、利根川水系より戸頭配水場への受水が開始されました。

 昭和57年に、水需要計画の見直しを行い、第二次拡張事業として、計画給水人口238,120人、計画一日最大給水量95,000m3の認可を受けました。

 平成24年、利根町水道事業との統合により、第二次拡張事業変更届出を行い、現在は、計画給水人口261,320人、計画一日最大給水量103,700㎥となっています。

 水需要の低迷による収入減と水道施設の更新による支出増という厳しい経営状況を迎える中、中長期計画を立て、老朽化した配水施設及び配水管の更新工事を計画的に進め、厚生労働省の新水道ビジョンが掲げる安全・強靭・持続を基本とした事業運営を目指していきます。
第 二 次 拡 張 事 業 (事業認可:S57.3.5)
構 成 団 体  龍ケ崎市・取手市・牛久町(昭和61年市制施行)・藤代町(平成17年取手市に編入)
計 画 給 水 人 口  238,120人
計画一日最大給水量  95,000m3
水      源  表流水(霞ヶ浦、利根川)

第 二 次 拡 張 事 業 変 更 (届出:H24.3.19)
構 成 団 体  龍ケ崎市・取手市・牛久市・利根町
計 画 給 水 人 口  261,320人
計画一日最大給水量  103,700m3
水      源  表流水(霞ヶ浦、利根川)

 2.創設及び拡張事業の経過 このページの上へ

項目 計 画 事業
認可
(届出)
年月日
着工
年月
竣工
年月
給水
人口
1日最大
給水量
1人1日
最大給水量
水源
区分
昭和 昭和 昭和
表流水
創   設 38.3 43.6 72,000 18,175 250 (霞ヶ浦) 37.3.22
表流水
第 一 次 (霞ヶ浦)
拡 張 46.6 52.3 128,400 39,300 306 地下水 46.6.5
表流水
第 一 次 (霞ヶ浦) (届出)
拡張変更 113,900 35,675 313 地下水 48.2.28
表流水
第 二 次 (霞ヶ浦)
拡   張 57.3 63.3 238,120 95,000 398 (利根川) 57.3.5
表流水 平成
第 二 次 (霞ヶ浦) (届出)
拡張変更 261,320 103,700 397 (利根川) 24.3.19


 3.年 表

このページの上へ

昭和36年 12月   茨城県南水道組合設立申請、龍ケ崎市衛生課内に事務所を置く
(龍ケ崎市、取手町、牛久町、藤代町、江戸崎町、美浦村の水道事業に関する事務を共同処理するため)
昭和37年 1月 茨城県南水道組合設立許可
3月 水道事業経営認可(計画給水人口72,700人、計画一日最大給水量18,1753
昭和38年 4月 牛久公民館内に事務所移転
7月 創設事業着工(若柴配水場、龍ケ崎市内配水管等)
10月 茨城県南水道組合給水条例制定
昭和39年 5月 給水条例一部改正
(料金制定/家事用基本料金360円〔基本水量8m3〕、超過料金1m3につき30円)
7月 若柴配水場竣工(管理棟、配水池4,174m3、電気計装等)
茨城県霞ヶ浦水道用水より、霞ヶ浦を水源とする浄水の受水開始(浄水購入単価/1m3当たり11円)
10月 龍ケ崎市内へ給水開始
昭和40年 4月   浄水購入単価の改定(1m3当たり13円)
9月 藤代町へ給水開始
12月 取手町及び牛久町へ給水開始
昭和41年 4月   浄水購入単価の改定(1m3当たり15円)
昭和42年 3月 茨城県南水道企業団に名称変更(地方公営企業法全面適用)
4月 水道料金の改定
(家事用基本料金360円〔基本水量8m3〕、超過料金1m3につき45円)
昭和44年 5月 取手浄水場竣工(配水池2,400m3等)
7月 企業団事務所を龍ケ崎市若柴町地内に移転
昭和45年 10月   浄水購入単価の改定(1m3当たり17.5円)
昭和46年 3月 「茨城県霞ヶ浦水道用水の継続的需要に関する協定書」締結
  4月   電算業務委託開始
6月 水道事業第一次拡張事業の認可(計画給水人口128,400人、計画一日最大給水量39,300m3
昭和47年 10月 企業団規約の改定(江戸崎町、美浦村が構成団体より除かれる)
昭和48年 2月 第一次拡張事業の変更(計画給水人口113,900人、計画一日最大給水量35,675m3
昭和49年 5月 牛久配水場竣工(配水池2,300m3等)
10月 戸頭配水場竣工(配水池3,000m3等)
昭和50年 11月   浄水購入単価の改定(1m3当たり31円)
昭和51年 5月 水道料金の改定
(家事用基本料金650円〔基本水量10m3〕、超過料金1m3につき75円)
昭和52年 3月 水源の不足に伴い慢性的な減水状態が続く(深井戸10井に達し受水量を大きく上回る)
  11月   浄水購入単価の改定(1m3当たり58円)
昭和53年 4月 水道料金の改定
(家事用基本料金900円〔基本水量10m3〕、超過料金1m3につき110円)
5月 茨城県企業局と「水道用水需給等に関する契約」を締結
昭和54年 1月 茨城県企業局と「県南広域水道用水供給事業の実施に関する協定書」締結
昭和55年 1月   浄水購入単価の改定(1m3当たり76円)
昭和56年 8月 小貝川堤防決壊(台風15号)龍ケ崎市内に被害 企業団・自衛隊等飲料水の供給
  11月 茨城県企業局と「県南広域水道用水供給事業に係る水道用水供給等に関する契約」締結
昭和57年 2月 茨城県企業局と「県南広域水道用水供給料金統一に伴う負担協定」締結
3月 水道事業第二次拡張事業の認可(計画給水人口238,120人、計画一日最大給水量95,000m3
  4月   浄水購入単価の改定(1m3当たり92円)
      水道用水を統一料金とするため、別途負担金を支払う
加入金制度を導入、条例化
      利根川水系より受水開始(戸頭配水場へ)
5月 水道料金の改定
(家事用基本料金1,100円〔基本水量10m3〕、超過料金1m3につき160円)
10月 若柴配水場及び牛久配水場へ利根川水系より受水開始
昭和58年 4月 企業団事務所・管理棟新築(住宅都市整備公団より譲渡)
若柴配水場内配水池竣工(3号池7,900m3
8月 戸頭配水場内配水池竣工(2号池5,960m3
9月 牛久配水場を無人化(若柴配水場より遠隔監視操作)
昭和59年 5月 水道料金の改定
(家事用基本料金1,400円〔基本水量10m3〕、超過料金1m3につき210円)
6月 牛久配水場内配水池竣工(2号池2,300m3
11月 取手浄水場を閉鎖
昭和60年 3月 国際科学技術博覧会開幕 常磐線科学博臨時駅前広場へ給水
昭和61年 4月 戸頭配水場を無人化(若柴配水場より遠方監視操作)
昭和62年 6月   利根川水系取水制限(~8月25日解除〔最大制限30%〕)
11月 水道料金オンラインシステム稼動
昭和63年 4月   茨城県水道条例改正 料金体系変更
      (基本水量83,476m3/日及び使用水量による二部料金制)
      浄水購入単価の改定(1m3につき38円)
10月 茨城計算センターとオンライン化
平成元年 6月 企業団給水条例一部改正(消費税3%導入)
平成2年 2月 藤代配水場竣工(配水池2,900m3等)
7月 利根川水系取水制限(~9月5日解除〔最大制限20%〕)
平成5年 3月 牛久配水場内配水池竣工(3号池2,480m3
平成6年 2月 戸頭配水場内配水池竣工(3号池4,900m3
7月 利根川水系取水制限(~9月19日解除〔最大制限30%〕)
平成7年 2月 藤代配水場内配水池竣工(2号池2,900m3
10月 那珂郡大宮町へ給水車及び職員派遣(浄水に苛性ソーダ混入のため)
平成8年 8月 利根川水系取水制限(~9月25日解除〔最大制限30%〕)
平成9年 9月 企業団給水条例一部改正(消費税5%導入)
11月 水道法一部改正に伴う企業団給水条例改正
戸頭配水場拡張工事完成(配水ポンプ棟、配水ポンプ3台等)
平成10年 12月 企業団議会事務局設置条例並びに特別委員会条例制定と会議規則の改正
平成11年 10月   浄水購入単価の改定(1m3につき45円)
平成12年 4月 建設工事請負契約等に係る予定価格の事前公表及び入札結果の事後公表の試行に関する要綱制定
平成13年 8月 利根川水系取水制限(~8月27日解除〔最大制限10%〕)
平成14年 7月 給配水管路台帳管理システム(マッピング)導入開始
11月 企業団ホームページ開設
文書ファイリングシステム導入
平成15年 1月 取手浄水場解体
   3月 建設工事請負契約等に係る予定価格の事前公表及び入札結果の事後公表に関する要綱改正
平成16年 2月 茨城県南水道企業団情報公開条例制定
4月 コンビニエンスストアでの収納開始
9月 検針業務にハンディーターミナル導入開始
11月 1日~5日 新潟県中越大震災応急復旧へ新潟県小千谷市に職員2名派遣
平成17年 4月 茨城県企業局の契約基本水量改定(85,880m3/日)
7月 企業団規約変更(議員定数15人→12人)
12月 若柴配水場内配水池竣工(4号池7,900m3
平成18年 7月 県南管工事協同組合と災害応援協定締結
給配水管路マッピングシステム完成
  9月   経営検討委員会発足
平成19年 4月 給水加入金変更(加入金算出基準を日使用水量から口径別へ)
開・閉栓業務の委託化
平成20年 1月   地域水道ビジョン策定
4月 茨城県企業局の契約基本水量改定(88,700m3/日)
10月 給水条例一部改正(量水器使用料の廃止)
平成21年 4月 上下水道料金徴収業務一元化
平成22年 3月 牛久配水場拡張工事完成
10月 給水加入金の特別措置(新規申込者に対し軽減措置)を実施開始
平成23年 3月 東日本大震災発生 水道施設に甚大な被害を受ける
  福島原発事故により放射性物質検査を開始
平成24年 3月   第二次拡張事業の変更届出 
4月   利根町水道事業と統合 
      企業団規約の改定(構成団体に利根町が加わる、議員定数12人→14人))
      水道料金の改定(利根町は統合前の従前の料金体系とする)
      茨城県企業局の契約基本水量改定(90,375m3/日)
  9月   利根川水系取水制限(~10月3日解除〔最大制限10%〕)
平成25年 4月   水道料金の改定(利根町の従前料金体系を廃止し、統一の料金とする) 
  7月   利根川水系取水制限(~9月18日解除〔最大制限10%〕)
平成26年 4月   企業団給水条例一部改正(消費税8%導入)
      地方公営企業会計基準の改正
平成27年 4月   クレジットカード払い導入
9月   鬼怒川決壊 常総市へ給水支援(13日~25日)


─お問い合わせ先─  茨城県南水道企業団 総務課 ℡0297-66-5131㈹

トップページへ このページの先頭へ