茨城県南水道企業団
トップページ困ったときは > 水道が故障したとき

 水道が故障したとき


漏水は、大切な水を無駄にするばかりでなく、ご家庭での水道料金の負担も大きくなります。
わずかな漏水でも、そのままにしておかないで、すぐに修理するようにしましょう。


漏水の見つけ方
1.家中の蛇口(宅内・宅外・給湯を含む)を全部閉めてください。
2.メーターボックスのフタを開け、中のメータの丸いフタを開けてください。
3.下の図で指し示した銀色のパイロットマークを確認してください。
※パイロットマークが少しでも回っていたら、
  どこかで漏水している可能性があります。


故障したときの応急処置
給水管から水が噴出しているときは、布切れなどを巻き、水が飛び散らないように押さえてから、メータボックス内の止水栓を右に回して、とりあえず水を止めてから、修理のお申し込みをしてください。
・コック式(左の写真)・・・水道管に対して垂直になるように時計回り(右)にまわす。


・回転式バルブ・・・時計回り(右)に回す。

修理を依頼するとき
お知り合いの給水工事事業者、もしくは施工業者へ依頼してください。
お知り合いの業者がない場合は、漏水修理当番になっている業者へ修理を依頼してください。
尚、修理代金は、直接、工事事業者へ支払ってください。

漏水修理当番表


水洗トイレなどの漏水
便器の中をいつも水が流れているときは漏水です。すぐに修理するようにしましょう。
水洗トイレ、ガス湯沸器、太陽・電気温水器などの修理は、お近くの指定給水装置工事事業者か販売店、器具メーカーにお申し込みください。当企業団では修理を行いません。尚、水洗トイレなどの漏水は、目に見えるものであり、早期発見が可能なため、料金免除の対象にはなりませんので御注意ください。


蛇口からの漏水
ほとんどの場合コマパッキンを取り替えるだけで直ります。
パッキンを取り替えても水が止まらないときや、蛇口の取り付け部分から水が漏れているときは、すぐに修理をお申し込みください。
蛇口の修理方法へ修理方法へGO

料金免除(申請)
給水装置の異状等により発生した漏水で、漏水の原因が使用者の責任外(発見が困難な場合)及び不可抗力による場合は、申請により料金の軽減をいたします。
申請については、当企業団へお問い合わせください。


道路で漏水を見つけたら
道路に埋めてある水道管は、管の老朽化や重量車両の通過などが原因で漏水することがあります。
漏水をそのまま放置しておくと、大切な水を無駄にするばかりでなく、大きな事故をひきおこす原因になりかねません。特に、冬季は、凍結が起こると大変危険です。
道路で漏水を発見したら、お手数ですが、企業団までお知らせくださるようご協力をお願い致します。
 

(連絡先)茨城県南水道企業団 рO297-66-7544(管理課直通)

トップページへ  このページの上へ