茨城県南水道企業団
トップページ困ったときは > 蛇口の修理方法

 蛇口の修理方法


蛇口の漏水は、蛇口のなかにあるパッキンやコマがすりへったり、老朽化したためにおこります。
そのままにしておくと、わずかな漏水でもご家庭の水道料金にも影響しますので、すぐに修理するようにしましょう。

<蛇口のしくみ> <パッキンの交換>
パッキンの交換
*パッキンやコマはお近くのホームセンター等で購入できます。

<水栓のしくみ>
ハンドルを左(反時計まわり)へまわすとスピンドルが上がり、こまと本体の弁座にすき間ができて水を出します。また、ハンドルを右(時計まわり)へまわすとスピンドルが下がり、こまを弁座に押しつけて水を止めます。

<修理の前に>
※蛇口の修理の際には、器具についている止水栓か、メーターボックス内の止水栓で水が出ないようにしてから行ってください。


  ◎メータボックス内の補助止水栓で止めるとき
コック式のものは、水道管に対して垂直になるように時計回り(右)に回してください。回転式バルブの場合は、時計回り(右)に回してください。


《簡単な蛇口修理の手順》
<準備>
・スパナなどの工具、交換用の新しいパッキン等を用意してください。
パッキンやコマはお近くのホームセンター等で購入できます。
※節水コマについても、当企業団では販売してませんので、ホームセンター等で購入してください。

・器具についている止水栓や、メータボックス内のメータ用補助止水栓を閉めて水が出ないようにしておきます。

@用意するもの・・・スパナなどの工具、パッキンあるいはコマ(キスコマ) A止水栓を右にまわして、水を止めます。 
Bハンドルを全開にし、キャップナットを回してゆるめます。 Cじゃ口の上部を(スピンドルごと)はずします。
Dピンセットなどを使って、残ったコマを取り出します。 Eコマの先にあるナットをはずし、新しいパッキンと取り替える。コマとパッキンが一体となった「キスコマ」のときは、コマ全部を新しいものに替える。 
 
F新しいコマを元のように差し込みます。 Gじゃ口の上部をはめ込みます。はまりにくいときは、2〜3回左右にまわしてください。
 
Hハンドルをよく閉めてから、キャップナットをしっかりと閉めます。 I最後に、メータボックス内の止水栓を左にまわして開けます。


ハンドルの下のキャップナットから水漏れしているときは、蛇口の上部を取り外し、キャップナット内のパッキンを新しいものに交換してください。
  
パッキンを取り替えても水が止まらないときや、蛇口の取り付け部分から水が漏れているときは、すぐに修理をお申し込みください。


  漏水修理当番表


 <お問い合わせ先>
茨城県南水道企業団 総務課 0297-66-5131

このページの先頭へ