茨城県南水道企業団
トップページ > 水道にも冬じたくを

 水道にも冬じたくを



気温がマイナス4℃以下になると、水道の凍結事故が急増します。

防寒の不完全な水道管は、夜の冷え込みで、朝、凍って水が出なかったり、破裂を起こすことがあります。
冬場は早めに冬じたくをお願いします。



凍結しやすい水道とは・・・

  ★北向きのところにある水道

  ★風当たりの強いところにある水道

  ★屋外にある水道

  ★むき出しになっている水道

  ★中高層住宅の高架水道や、それに水を送る給水管など





凍結防止策
凍結のおそれのある水道管には、保温材を巻くなどして凍結事故から守りましょう。
給水管や蛇口に、布切れ・毛布、あるいは専用の保温材を巻き、濡れないように上からビニールテープを隙間なく巻いてください
メータボックスの中に、使い古しの毛布や布切れ、または発砲スチロールを入れたビニル袋などを入れ、保温してください。
(必ずメータが見えるように防寒してください。)
水抜き栓をご使用のご家庭では、お休み前や留守にするとき、忘れずに水抜きをしてください。




凍結してしまった場合
☆凍結して水が出ないときは・・・
   @蛇口を全開にして、凍った部分にタオルか布をかぶせる。

   A蛇口のほうから、ぬるま湯をゆっくりかける。


(注) 熱湯を急にかけると、蛇口や水道管を痛めるだけでなく、やけどなど思わぬケガのもとになりますのでご注意ください!


☆破裂したり、ひび割れしたときは・・・
   @水道メータボックス内の元栓を、時計回りにひねってしめる。

   A破裂・ひび割れ箇所に、布かテープをしっかり巻きつける。(応急処置として)

   B修理の申し込みをしてください。⇒
漏水修理当番表


ご不明な点は、当企業団までご相談ください。茨城県南水道企業団рO297ー66−5131

トップページへ  このページの先頭へ