茨城県南水道企業団
トップページ企業団のご案内経営状況について > 受水料金値下げ要望

 受水料金値下げ要望について

 茨城県南水道企業団を含む県南広域水道受水8 団体では、県南地域の住民の皆様に対し、将来にわたり、安全・安心な水を安定的かつ低廉な価格で提供する責務を果たしていくため、茨城県南広域水道用水供給事業に係る受水料金の値下げについて早急に検討、実施していただくよう、茨城県へ継続的に要望しています。

  ※県南広域水道用水供給事業
   3市1町(取手市、龍ケ崎市、牛久市、利根町)で構成する茨城県南水道企業団と
   土浦市、つくば市、守谷市、稲敷市、阿見町、河内町、美浦村の8団体(11市町村)に供給している。

 水道事業を取り巻く環境は、人口減少の到来に加え、節水意識の向上、企業の地下水利用等による水需要が減少傾向にあり大変厳しい状況下にあること、また、東日本大震災を教訓とした水道施設の対策等は、各事業体にとって喫緊の課題であり、アセットマネジメントを用いた更新計画を進めていく上で、多額の資金確保が必要となっています。
 こうした中、受水8 団体全体が茨城県へ支払う受水費は、受水8 団体全体の費用の5割近くを占めており、各事業体の経営を圧迫する要因の一つとなっています。
 受水費の負担は、将来にわたり効率的に経営を進めていく上で、大きな課題となっていることから、平成22年から要望を行っています。

 平成29年度は、茨城県南水道企業団が8団体を代表して、県知事及び企業局長へ要望書を提出いたしました。


平成30年1月23日 県庁にて

  ■提出参加者
  茨城県南水道企業団
   企業長 藤井信吾(取手市長)、副企業長 中山一生(龍ケ崎市長)、副企業長 佐々木喜章(利根町長)
  茨城県議会議員
   中村修氏(取手市)、萩原勇氏(龍ケ崎市)


 【過去の要望の経緯(代表団体)】
 ・平成30年10月 9日(土浦市)
 ・平成30年 1月23日(県南水道) 受水料金値下げ要望の詳細PDFファイル(PDF:177KB)
 ・平成29年 3月28日(つくば市)
 ・平成27年10月15日(土浦市)
 ・平成26年 9月29日(県南水道) 受水料金値下げ要望の詳細PDFファイル(PDF:144KB)
 ・平成25年 8月 7日(つくば市)
 ・平成24年 4月20日(つくば市、土浦市、県南水道)
 ・平成22年 8月12日(つくば市、土浦市、県南水道)


 【茨城県南水道企業団 単独での要望の経緯(要望内容)】
 ・平成30年 1月23日(契約水量の検証及び見直し)
 ・平成26年 9月29日(受水料金値下げ)
 ・平成25年 8月21日(受水料金値下げ)
 ・平成24年 8月23日(受水料金値下げ及び厳重な水質監視)
 ・平成23年 8月 3日(受水料金値下げ)
 ・平成22年 8月12日(受水料金値下げ)
 ・平成22年 2月15日(契約水量見直し)
 ・平成20年 6月10日(契約水量見直し)


<入札結果に関するお問い合わせ先>
 茨城県南水道企業団 総務課庶務係 0297-66-5131

トップページへ   このページの先頭へ